DENTAL TANIZAWA

03-6233-7377 ご予約・お問い合わせはこちら

  • ホーム
  • TEAM DENTAL TANIZAWA
  • 5つの安心
  • おすすめデンタルグッズ
  • アクセス
  • 治療内容の安心
  • 衛生面の安心
  • 技術の安心
  • 笑顔の安心
  • 心の安心

DENTAL TANIZAWAブログ

歯科衛生士 ヒロミの“衛生士が治す矯正”講座

2014/09/17

咬合療法研究会主催
咬合療法における 口腔顔面筋のバランスケアのセミナーに行って来ましたのでご報告させて頂きます。

今回勉強してきたのは、日常生活で無意識に行ってしまう悪い癖を改善する“MFT”という、口元のエクササイズのセミナーです。

人には色々な癖があり、顔の筋肉の動かし方もそれぞれです。
それぞれの癖や歪みの原因を、私達、衛生士が見抜くことが大切です。
そして、患者様に癖を自覚して頂き、自分で力のセルフコントロールが出来るようにすることが必要です。

これらを指導する力を、私達、歯科衛生士が養うことが必要だと改めて感じました。
Myo(筋)の「M」、Functional(機能)の「F」、Therapy(療法)の「T」でMFTと略されます。
MFTは主に米国において1950年代より発展を遂げた歴史ある治療法です。
日本ではまだまだ浸透していない分野ですが、私は以前から矯正治療を年数と費用をかけて行っても、後戻りしてしまう方が多いのはMFTを確実に行っていないからだと危惧しておりました。

矯正専門の歯科医院で勤務していた時に、私なりにわかる範囲で指導しておりましたが、1度きちんと勉強し、しっかり修得したいと思っていました。
今回のセミナーでは、講義と実習があり、舌の動かし方等も再習得でき、MFTの素晴らしさを更に奥深く知ることも出来、非常に充実したセミナーでした。

MFTの目的は沢山ありますが、特に口呼吸の防止や舌癖の改善が挙げられます。

私達衛生士の指導だけで、生まれながらの正常な呼吸法(鼻呼吸)に改善され、正常な歯列に導く事も可能です。

症例によっては、患者様の悪い癖を見抜く事により、人間が持っている力だけで歯科治療や矯正治療をしなくても歯並びが治る場合もあるんです!
これがMFTの素晴らしい点です。

今回のセミナーで、歯科衛生士が歯並びも治す事が出来る事を知り、こんなに素敵なお仕事はないと改めて感じました。

 

【ここで鼻呼吸について解説させていただきます。】

赤ちゃんは生まれて直ぐに母乳を、とても上手に飲む事が出来ますが、口呼吸だと上手に飲む事が出来ません。
正常な鼻呼吸だからこそ、上手に飲めるそうです!

日本では指シャブリは開口(上下の歯並びの間が開いてしまう咬み合わせ)になるから、と無理に止めさせる傾向にあります。
アメリカでは、前歯が生え揃うまで指シャブリの代わりに鼻呼吸促進のためオシャブリを与えるそうです。(しかも鼻呼吸促進用のオシャブリまであるそうです!)

 

【何故鼻呼吸はよくて、口呼吸はダメなのか? なぜ口呼吸は病気になりやすいのか?】

<鼻呼吸>
○吸い込んだ空気の除塵、保湿効果がある
○病原菌の繁殖を抑えてくれる

抵抗力が向上

<口呼吸>
○病原菌が咽頭を直撃し、喉を乾燥させ加湿不十分な空気が肺に入る
○鼻腔や副鼻腔に細菌や ウィルスが増殖しやすくなる

抵抗力が低下

 

【態癖の代表格 自覚している人の少ない舌癖について】

試しに、今、唾を飲み込んでみてください。
飲み込む時に舌が前歯を押しながらではないと飲み込むことが出来ない方は要注意です!!!

これが舌癖です。

正しい位置はスポットと呼ばれる上顎のシワシワ辺りです。
そして口蓋と呼ばれる上顎の凹みの部分に吸い上げるように飲み込むのが正しい嚥下(飲み込む力)です。

舌癖を放置しておくと、10年後、20年後には、歯と歯の間の隙間が広くなったり、出っ歯になってきたりしてしまいます。
日常の小さな力でも、年月が重なると大きな力になります。
患者様と接してる際、舌癖が強いなと思われる方にMFTのご説明をするために、「いつも舌の位置はどこにありますか?」と訪ねると、『なんでそんな事聞くの?』という顔をしばしばされてしまいます。
しかし、結果として、上の前歯や下の前歯を押してたり、歯の隙間から舌が見えている方ばかりです。

舌癖があるという事は舌の筋力が足りないので、ここでエクササイズが必要になって来ます。
実は、舌に筋力が付くと嘔吐反射(うぇっとし易い方)や睡眠時無呼吸症候群なども改善されたりするそうです!
舌癖改善エクササイズは、まず舌を正しい位置に置く事を知らなければなりません。

私自身、かなりの舌癖があり矯正治療もしました。
一人では中々続かない口元のエクササイズですが、患者様に指導しならがら私自身も地道に続けて行きたいと思います。

口元のエクササイズはホウレイ線を薄くしたり、目が大きくなったり、更には二重になったりと、頑張れば、更に美しくなれると言われております。
舌癖があってもなくても、素敵な口元のために、是非トライしていただけたら嬉しいです。

 

デンタルタニザワでもMFTを指導できるように準備を進めております!お気軽に私は大丈夫ですか?と聞いて下さいね!

 

歯科衛生士 薄井弘美

  • DENTAL TANIZAWA ブログ
  • 診療日記
  • facebook
  • 03-6233-7377 ご予約・お問い合わせはこちら
©Dental Tanizawa