DENTAL TANIZAWA

03-6233-7377 ご予約・お問い合わせはこちら

  • ホーム
  • TEAM DENTAL TANIZAWA
  • 5つの安心
  • おすすめデンタルグッズ
  • アクセス
  • 治療内容の安心
  • 衛生面の安心
  • 技術の安心
  • 笑顔の安心
  • 心の安心

DENTAL TANIZAWAブログ

歯科衛生士ヒロミの“予防歯科”講座

2014/10/28

先日「SPTシンポジウム」というセミナーに参加してまいりました。
今、歯科界でこの「SPT」が非常に注目されております。(SPT=Suppotive Periodontal Therapy の略)

SPTとは一旦治療が終了し、次回のメインテナンスで来院する、3ヶ月後までの期間を「SPT期」と言います。

歯科医院で私達の行うクリーニングでは、虫歯や歯周病を引き起こす細菌の付着している“バイオフィルム”という強固なタンパク性の膜を、特殊な器械を使い、剥がし落とします。
しかし、3~4ヶ月でバイオフィルムは再付着し、細菌が増殖していきます。
そのため、約3ヶ月ごとの定期的なクリーニングをお勧めしております。

この「SPT期」つまり、次に医院に来て頂くまでの3ヶ月間に御自宅でのケアが如何に出来るかが衛生士の腕の見せどころです!
歯科衛生士がいかに処置し、キレイな状態を維持できるように指導出来たかが最大のポイントになっております。

一つの例で、歯周病を挙げて説明いたします。
歯周病の中にも、“治りやすい歯周病”と“再発しやすい歯周病”があります。
実は、悪い習慣により再発しやすい歯周病になっている場合があります。

<再発しやすい歯周病の例>
◇いつも右側(左側)で噛んでる
◇いつも右側(左側)を下にして寝てる
◇夜 歯ぎしりをしている
◇昼間 気がつくとくいしばっている
◇睡眠がノンレム睡眠(脳が寝てるが、身体を支えてる筋肉は起きている)型の方
※ 歯ぎしりはノンレム睡眠中に起こります。

つまり、再発しやすい歯周病は咬合が関与している場合があります。
以上のような要因を踏まえ、全身疾患も視野に入れながら、正しい見極めや診断、処置が大切です。
1人1人に合わせたオーダーメイドのセルフコントロール(御自宅でのケア)の提案が非常に必要だと感じました。

セルフコントロールに欠かせないないのが歯ブラシです。
DENTAL TANIZAWAでは、患者様ごとにお勧めの歯ブラシやうがい薬などを衛生士が選別し、処方いたします。
ドラックストアで御自身で買うよりも、私達プロが選んだ、“あなたに合った歯ブラシ”を是非使って頂きたいと思います。
因みに、私の歯ブラシ立てには、常時5種類の歯ブラシが並んでおり、
携帯用に2本の歯ブラシを持ち歩いています!
皆様にも、もっと歯ブラシにこだわっていただきたいと思います。

今回のシンポジウムは、いかに患者様に“やる気スイッチが入れられるか”は歯科衛生士次第ということを再確認致しました。

勉強した様々な知識を全て患者様に還元出来るよう意識しておりますが、最新の知識が常に入ってきますので、うまく伝えきれているのかと心配になる事もあります。
しかし、断言できるのは、“患者様と一生のお付き合いが出来る関係”を築いていきたいと思いながら、今出来る最大限の情報提供や、技術をご提供していることです。

予防歯科治療の主役は私達衛生士です。
人間ドックには毎年行くのに、歯科の定期検診は行かない、という方は少なくないはずです。
足が遠のいてしまう理由の一つは“クリーニング時に痛い思いをするから”では無いでしょうか?
もはや痛みのある定期的なクリーニングは、時代遅れです。

DENTAL TANIZAWAのクリーニングは痛みの出にくい最新の器材で注意しながら行いますので、安心しておまかせください!!

歯科衛生士 薄井弘美

  • DENTAL TANIZAWA ブログ
  • 診療日記
  • facebook
  • 03-6233-7377 ご予約・お問い合わせはこちら
©Dental Tanizawa