DENTAL TANIZAWA

03-6233-7377 ご予約・お問い合わせはこちら

  • ホーム
  • TEAM DENTAL TANIZAWA
  • 5つの安心
  • おすすめデンタルグッズ
  • アクセス
  • 治療内容の安心
  • 衛生面の安心
  • 技術の安心
  • 笑顔の安心
  • 心の安心

DENTAL TANIZAWAブログ

矯正医 ミホがお応えします! “矯正はいつから始めればベストなのか!?”

2015/03/15

「何歳から矯正をはじめるのがベストなのか?」という質問はとても多くの方から聞かれる事があります。


歯並びの症状、その原因により治療開始時期は異なるのですが、小学校の低学年頃に矯正相談を受けることをお勧めします。

小学校低学年は大人の前歯が生えそろう頃で、上アゴの発育のピークだからです。


しかし、ご両親やご親戚に受け口の方がいらっしゃる場合は、早めにご相談にいただけるとより安心です。受け口のお子様の場合は、幼稚園に入る頃から始められる装置をお勧め致します。


『小児矯正治療が必要な3つの理由』


1. 土台となる骨の成長バランスを整えるため


お子様の矯正治療は、良い家を建てる時に例えると基礎工事です。

例えば、上アゴだけ前方に成長が大きい場合、大人の歯が綺麗に並んだとしても前歯では噛み合わない歯並びになります。

いわゆる“出っ歯”になってしまいます。

しかし、お子様の時期に矯正をスタートすれば発育を利用でき、上下のバランスのとれた成長を誘導することが可能です。


2. 抜歯をしない矯正の準備を整えられる


矯正治療は歯を並べるスペースを作るために、抜歯をすることが多いのですが、明らかに大人の歯が並ぶ隙間が不足している場合、予防的に隙間を作ることで、抜歯せずに治療を終える可能性が高くなります。

(歯のねじれ、傾き、でこぼこを改善するのは大人の歯が生え揃ってからですが、装置を付ける期間を短縮できます)


3. お口の周りの筋肉トレーニングで歯並びの改善が可能


舌、唇、頬など、お口の周りの筋肉は歯並びに大きな影響を与えています。

例えば、舌を前に出しながら飲み込む習慣のある方は、飲み込む度にベロで前歯を押すために“開口”という症状がでやすいです。

指しゃぶりや下唇を吸う癖があると上の前歯がでてきてしまいます。。

お子様の時期に不良習癖をやめ、正しいベロの位置を習慣化し、お口の周りの筋肉を鍛えるだけで、歯並びが改善することもあります。

(正しい飲み込み方や舌の位置の習慣化は、矯正治療後の後戻りを防ぐ効果もあります!)



適切な治療開始時期に矯正治療を始めることで、期間や費用を抑えることが可能です。


DENTAL TANIZAWAでは矯正医による30分の無料個別相談を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください!



矯正歯科医師 神代 美穂

  • DENTAL TANIZAWA ブログ
  • 診療日記
  • facebook
  • 03-6233-7377 ご予約・お問い合わせはこちら
©Dental Tanizawa