DENTAL TANIZAWA

03-6233-7377 ご予約・お問い合わせはこちら

  • ホーム
  • TEAM DENTAL TANIZAWA
  • 5つの安心
  • おすすめデンタルグッズ
  • アクセス
  • 治療内容の安心
  • 衛生面の安心
  • 技術の安心
  • 笑顔の安心
  • 心の安心

DENTAL TANIZAWAブログ

神経の治療(根の治療)を受けている方へ ー歯科医師 井筒淳子

2019/02/05

根の治療は一体、歯科医師が何をしているのか、詳しく知りたい!という患者様からのご要望を受け、今回は特に患者様からの質問が多い内容についてお答えしていきたいと思います。


【神経の治療とは?】

今まで神経の治療(根管治療)」を受けたことがある方も多いかもしれません。根管治療は、何をしているのか?患者さんから見えにくくわかりにくいことが多いと思いますが、歯を保存するためにはとても大切な、ビルの基礎工事のような治療です。


【歯はどんな構造なの?】

歯は下の図のような構造をしています。
歯の根の先から、神経と血管が入ってきていて、その神経が通っている管の事を根管といいます。

【どんな時に神経の治療が必要になるの?】
深い虫歯、歯の亀裂、外傷などにより、歯の神経に細菌が感染してしまうと、

・冷たい物や温かい物でしみる

・何もしなくても痛い

・噛むと痛い

などの症状が徐々に出てきます。このような時に根管治療は必要となります。

症状があっても放っておくと神経が弱って死んでしまい痛みが和らぐことがありますが、その場合でも根管治療をしておかないと根の周りに炎症が広がって歯茎が腫れたり、後々強い痛みが出ることがあるので注意が必要です。


【どんな風に治療するの?】
虫歯になってしまった部分を取り除き、歯の神経の入り口まで穴をあけます。そして、神経を除去しながら根管を消毒して綺麗にし、細菌がまた中で繁殖しないように根管の中に詰め物をして「根管治療」はおしまいです。

【神経の治療は何回くらいかかるの?】
根管は直径1mm以下ととても細くて硬くなった部分や曲がっている部分も多く、狭いお口の中で直接見ることが難しいため、一回で神経をすべて取り切れないのでしっかり消毒をするには回数がかかる事もあります。

この段階で頑張って通院して頂き、再度細菌が入らないように質の高い被せ物をいれることで、神経がなくなった歯でも長く使うことができますのでご安心ください。


【途中で行かなくなるとどうなるの?】
痛みがなくなったので根管治療を途中で中断してしまったり、仮のフタが取れてしまったまま放っておくと、根管の中に細菌が残ったままの状態になり、それが繁殖して再度治療をしても菌を取り除くのが余計に難しくなります。歯の神経がなくなっても虫歯は進みますが痛みを感じにくいため、最悪の場合は抜歯をしなければならない状態まで気づかないうちに虫歯が進んでしまうこともあります。



また、神経の治療中は歯がとても薄く、割れやすい状態になっているため、長期間放置していると歯が割れてしまい、抜歯に至るケースも多くなりますので注意してください。

  • DENTAL TANIZAWA ブログ
  • 診療日記
  • facebook
  • 03-6233-7377 ご予約・お問い合わせはこちら
©Dental Tanizawa