医院ブログ

2015.03.15更新

「何歳から矯正をはじめるのがベストなのか?」という質問はとても多くの方から聞かれる事があります。

 

歯並びの症状、その原因により治療開始時期は異なるのですが、小学校の低学年頃に矯正相談を受けることをお勧めします。

小学校低学年は大人の前歯が生えそろう頃で、上アゴの発育のピークだからです。

 

しかし、ご両親やご親戚に受け口の方がいらっしゃる場合は、早めにご相談にいただけるとより安心です。受け口のお子様の場合は、幼稚園に入る頃から始められる装置をお勧め致します。

 

『小児矯正治療が必要な3つの理由』

 

1. 土台となる骨の成長バランスを整えるため

 

お子様の矯正治療は、良い家を建てる時に例えると基礎工事です。

例えば、上アゴだけ前方に成長が大きい場合、大人の歯が綺麗に並んだとしても前歯では噛み合わない歯並びになります。

いわゆる“出っ歯”になってしまいます。

しかし、お子様の時期に矯正をスタートすれば発育を利用でき、上下のバランスのとれた成長を誘導することが可能です。

 

2. 抜歯をしない矯正の準備を整えられる

 

矯正治療は歯を並べるスペースを作るために、抜歯をすることが多いのですが、明らかに大人の歯が並ぶ隙間が不足している場合、予防的に隙間を作ることで、抜歯せずに治療を終える可能性が高くなります。

(歯のねじれ、傾き、でこぼこを改善するのは大人の歯が生え揃ってからですが、装置を付ける期間を短縮できます)

 

3. お口の周りの筋肉トレーニングで歯並びの改善が可能

 

舌、唇、頬など、お口の周りの筋肉は歯並びに大きな影響を与えています。

例えば、舌を前に出しながら飲み込む習慣のある方は、飲み込む度にベロで前歯を押すために“開口”という症状がでやすいです。

指しゃぶりや下唇を吸う癖があると上の前歯がでてきてしまいます。。

お子様の時期に不良習癖をやめ、正しいベロの位置を習慣化し、お口の周りの筋肉を鍛えるだけで、歯並びが改善することもあります。

(正しい飲み込み方や舌の位置の習慣化は、矯正治療後の後戻りを防ぐ効果もあります!)

 

 

適切な治療開始時期に矯正治療を始めることで、期間や費用を抑えることが可能です。

 

DENTAL TANIZAWAでは矯正医による30分の無料個別相談を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください!

 

 

矯正歯科医師 神代 美穂

 

投稿者: DENTAL TANIZAWA

2015.03.04更新

開業して早4ヶ月が過ぎました。

 

当院のホームページや情報サイト等を調べて来た患者様も多数いらしていただき、大変有難いことだと日々感じております。

 

私自身、歯科医院が苦手だったこともあり、自分が通いたい歯科医院を創っただけなのですが、私と同じように歯科医院が苦手な方や、つい足が遠のいてしまう、、、など悩んでいらっしゃる方々が沢山いるのだと実感しております。

 

私が目指す歯科医院像は、“フレンドリーな歯科医院”です。


通常、『病院』とは病気になったら行くところですが、『歯科医院』は普通の病院とは違うカテゴリーに分類されると考えます。

なぜならば、歯科医院は治療だけ受けに行く場所では無いからです。

よく美容院と同じ感覚で来てくださいと患者様にお伝えしておりますが、自分の髪が伸びてきたら行きつけの美容師さんにお任せしに行くのとまさに同じ感覚&間隔で、私達にお口のクリーニングを任せていただきたいという願いから、行きたくなる歯科医院を創りました。

 

私は行きつけの美容師さんを非常に信頼していますが、心底信頼できる美容師さんに出会うまでは非常に大変な道のりでした。

様々な美容院に足を運び、転々としながら、やっとこの人に任せれば間違い無い!という方を見つけることができました。

これを歯科医院に置き換えると、歯科医院では行きつけの“歯科衛生士”さんを見つけることが重要です!

 

まだ見つけて無い方は、『頼れるデンタルハイジニスト』を早く見つけてください!

 

自分の信頼できる歯科衛生士さんに出会うことができれば、貴方の健康寿命は延び、更に健やかな人生を送ることが出来るという想いから、当院では歯科衛生士は担当制になっております。

当院の衛生士は高度な技術を持ちながら、明るく、フレンドリーなスタッフばかりですので、メインテナンスが待ち遠しくなることと思います!

投稿者: DENTAL TANIZAWA

お気軽にご予約
お問い合わせください

  • ご予約の患者様を優先させていただいております
  • 痛みや腫れなどの急患も随時受け付け中
  • 24時間予約可能なWEB予約がおすすめ
  • お急ぎの方は医院に直接お電話をお願い致します