医院ブログ

2020.08.24更新

こんにちは!歯科助手&栄養士の鷹箸です。

「ビタミンC」と聞くと何をイメージしますか?
レモン・美肌効果・元気のもと・すっぱい・黄色などなどありますね。

皆様も同じような事を思い浮かべたのではないでしょうか。あながち間違いではありません♪

ビタミン類の中ではおそらく1番有名なビタミンCは実はとっても頼もしい栄養素なのです!

今回はそんなビタミンCのはたらきについてお話しします。

◆ビタミンCのはたらき◆
①コラーゲンの合成
②抗ストレスホルモンを作る
③抗酸化作用
④免疫力を高める

この中でも歯科と関係が深いコラーゲンの合成について詳しく掘り下げていきます。

①コラーゲン合成
コラーゲンはたんぱく質とビタミンCと鉄分を材料にして作られています。私たちのからだのあらゆる所に存在し、細胞と細胞を繋げる役割を担っています。ハリのあるお肌や丈夫な骨を作るにはコラーゲンが必要なんです。
そしてなんと!このコラーゲン、歯を支えている歯周組織の主な成分でもあるんです!!
歯周組織のコラーゲン代謝は歯槽骨で6日、歯肉で5日、歯根膜では1日と非常に短く、栄養不足の影響をかなり受けやすい組織だと考えられます。また、歯周病が進行している人ほどビタミンCを消費してしまいます。これは、炎症に対抗したり免疫力を上げようとしたりするためです。歯周病は感染症ではありますが、丈夫な骨や歯周組織を作るためにはコラーゲンが必要でその材料の1つであるビタミンCの摂取と歯周病のケアが大切です

②抗ストレスホルモンを作る
ビタミンCはストレスを感じると分泌されるホルモン(アドレナリン・ノルアドレナリン)の合成に必要でストレス時には大量に消費します。心的ストレスだけでなく、疲労や睡眠不足でもストレスを感じます。当てはまる場合は積極的に摂取しましょう。

③抗酸化作用
ストレスにさらされると、体内に活性酸素(からだのサビつき)が生まれます。ビタミンCにはそれを除去してくれる作用があり、細胞の生まれ変わりを促進してくれます。アンチエイジングですね!

④免疫力を高める
ウィルスと戦う白血球の働きを助け、ビタミンC自らもウィルスと戦ってくれます!!

いかがでしたか?ビタミンCはとっても頼もしいですよね!!
…そんなビタミンC、実は弱点があります。

◆ ビタミンCの弱点◆
ビタミンCは水溶性ビタミンで水に溶けやすいです。また一度にたくさん摂っても余分なものは体外へ排出されてしまいます。そして加熱により壊れてしまう特性があります。

調理・食事でのポイントは、生野菜を水につける時間や加熱時間はなるべく短くし、一度にたくさん摂るのではなく、こまめにしっかり摂ることが大切です。普通の食事で摂りすぎてしまう心配はありません。

◆多く含まれる食材◆
ビタミンCは野菜や果物に多く含まれています。
いちご・キウイ・柑橘類・キウイ・ゴーヤ・ブロッコリー・パプリカ・イモ類 など
*ブロッコリーはビタミンCの王様ですし、イモ類はでんぷんにビタミンCが守られているので加熱しても壊れにくいのが特徴です!
お食事での摂取が難しい方はサプリメントもおすすめですよー♪ 

当院でも取り扱っているLypo-C(リポC)は特にお勧めです!

https://lypo.medsup.jp/

 

リポC

◆おわりに◆
ビタミンCはとっても頼もしい栄養素でしたね!
ご自身の健康や美しさのためにもビタミンCは積極的に摂っていただきたいです。心とからだに優しいお食事をなさってくださいね♪

投稿者: DENTAL TANIZAWA

2020.08.04更新

こんにちは!栄養士兼歯科助手の鷹箸です!

皆様、「亜鉛」をご存知ですか??

亜鉛は鉄分やカルシウムなどの栄養素と同じで"ミネラル"というグループのうちの1つです。
まず最初に"ミネラル"について簡単にご説明します♪
ミネラルは身体の働きを正常にしたり、維持したりする機能があります。例えば「貧血には鉄分」「骨にはカルシウム」と聞くとわかりやすいですね!
では、「歯医者と亜鉛」??と疑問に感じた方もいらっしゃるかと思います。今回はそんな「亜鉛」についてお話しさせていただきます!

日本人の子ども、お年寄り、女性の亜鉛の摂取量が減少しているというデータがあります。亜鉛が不足すると人体にはどのような影響があるのでしょうか?歯科に関係が深いものをピックアップします!

〔亜鉛不足で起こる事〕
①味覚障害(※今回は亜鉛不足でのお話しです)
味覚障害は薬剤性・心因性など他にも多くの原因がありますが、原因の半数が亜鉛不足だったりします。舌には味蕾という味を感じる細胞があり、その細胞の生まれ変わりに亜鉛が関わっているため不足すると味が正常に感じられなくなります。

②怪我・傷の治りが遅くなる
亜鉛は皮膚の細胞が作り変わるときに必要なミネラルで不足すると傷の治りが遅くなります。
この働きはお口の中でも同じです!!
地味につらい口内炎や歯科治療後の歯茎などの組織の再生・治癒の促進には日ごろからの亜鉛の摂取が効果的です。

他にも…
・免疫力の低下
・成長障害(低身長など)
・生殖機能の低下
など、亜鉛不足は様々な症状の原因になります。

〔亜鉛不足にならないために〕
亜鉛は食品添加物の多い食事や飲酒によって吸収が妨げられてしまいます。偏った食事や加工食品を中心に食事をされている方は気をつけましょう。
⭐︎ちなみに⭐︎
亜鉛は牡蠣やホタテなどの魚介類、豚レバーや赤身の肉類などの動物性たんぱく質に多く含まれています。また豆腐などの大豆製品やナッツ類もおすすめです!お忙しい方にはサプリメントでの摂取も効果的です!ぜひ意識してとり入れてみてくださいね♪(それだけ食べていれば良いという訳ではなく、あくまでもバランス良くですよー!!)

〔おわりに〕
「歯医者と亜鉛」の意外な関係についてお話しさせていただきました。
私は「身体の健康」=「口腔内の健康」だと思っています。身体の内側からも口腔内の健康を保てるように日ごろからバランスのとれた身体に優しい食事を心がけていきましょう!!

亜鉛

 

参考文献

森永宏喜 歯周病はすぐに治しなさい!口腔から老化と心臓・腸・脳の大病がはじまる! さくら舎 2020

森永宏喜 歯科からはじまるアンチエイジング栄養学 デジタルダイヤモンド社 2019

吉田企世子・松田早苗 からだにおいしいあたらしい栄養学 高橋書店 2018

投稿者: DENTAL TANIZAWA

お気軽にご予約
お問い合わせください

  • ご予約の患者様を優先させていただいております
  • 痛みや腫れなどの急患も随時受け付け中
  • 24時間予約可能なWEB予約がおすすめ
  • お急ぎの方は医院に直接お電話をお願い致します