医院ブログ

2015.02.20更新

2月11日 水曜日

 

スウェーデンの予防歯科を日本で普及しているエルバで、“インプラントのメインテナンスについて”のセミナーに参加してきました。

 

インプラントとは、歯がなくなってしまった場合に行う外科的な処置です。

歯が欠損してしまった部分に人工の歯根を歯茎の下の顎の骨に直接埋め込み、最終的には、支柱のようなものを立てて被せ物でしっかり噛める様にします。

 

入れ歯、ブリッジに次ぐ第三の選択肢と言われている治療法です。

 

歯と同じ噛みごこちにしたいとインプラント治療を選択されていらっしゃる方が年々増えてきています。

当院へ来院される患者様の中にもインプラントが埋入されている方が多いことを実感しています。

 

しかし、残念ながらインプラントのお手入れの仕方をインプラントを入れた医院で説明を受けたことが無いという方が非常に多いことに驚かされます。

また、最も重要な定期的なメインテナンスを受けていない方も多いと痛感する毎日です。

 

インプラントは"噛める様になったら終わり"ではありません。

噛める様になってから、メインテナンスをしっかり行い、そのしっかり噛める状態をいかに長く維持していくかが重要です。

自分の歯以上にメインテナンスに注意しないと、せっかく期間も費用もかけて治療をしてもダメになってしまい、抜かなければいけなくなる場合もあります。

 

患者様ご自身でやって頂くインプラントのケアの仕方や、歯科衛生士として歯科医院で正しくメインテナンスを行える様に

新しい沢山の知識を得る事が出来ました。

 

インプラント治療が必要なく、ご自身の歯で一生食べられるのがもちろん一番の理想です。

 

しかし、残念ながら歯が無くなってしまい、これからインプラント治療が必要な方はもちろん、インプラントを入れたまま放置してしまっている方は至急DENTAL TANIZAWA 山川までご相談くださいませ。

 

エルバの竹内先生。

毎回、熱い講義をありがとうございます!

投稿者: DENTAL TANIZAWA

2015.02.04更新

みなさんは、スタンダードプリコーションという言葉を聞いた事がありますか?

 

“スタンダードプリコーション”とは、医療従事者であれば、耳にタコが出来るほど聞く言葉で、『標準的予防策』という意味です。

 

全ての人に伝播する・感染する可能性のある病原体がいると考えて感染予防を行うことを言います。

 


最新の情報や知識を持って正確に感染予防を行えるようにと、株式会社GCさん主催の院内感染予防対策セミナーに歯科衛生士の薄井と共に参加してきました。

 

歯科医院には老若男女問わず様々な方が来院されます。

① 感染症に罹患している方

② 罹患していて、申告して下さる方

③ 罹患していても、申告して下さらない方

④ 罹患していることをご自身でも知らない方

⑤ 菌は保有しているものの、症状の出ない健康な状態で、キャリアと呼ばれる方

⑥ 感染症を何も持っていない方

 

患者様同士の『交差感染』を防ぐ為にもスタンダードプリコーションは非常に重要です。唾液・血液を介して私達が感染症を伝播させてしまうことは決してしてはいけないことです。

 

しかし、今回驚きの情報を入手してしまいました…

GCさんが、歯科衛生士学校の卒業生に行ったアンケートの結果です。

 

・スタンダードプリコーション(標準的感染予防策)という言葉の意味が分からない人…50%

・実際にスタンダードプリコーションを行えている…20%

 

セミナーでその数字を聞き、あまりのレベルの低さにショックでした。

 

そして、何より日本でのクラスB滅菌器※の導入率の低さが世界的に見てもアジア諸国と比べてみてもダントツに低い事もとても衝撃的でした。

 

〈クラスB滅菌器普及率〉

 

           公立 民間

西ヨーロッパ   100%   90%

中国         80%   20%

韓国        100%   30%

日本 5%以下

 

 

〈クラスB滅菌器※〉とは

真空式高圧蒸気滅菌と言い高圧の蒸気を使い滅菌する際に真空状態を作り滅菌を行います。

その為、滅菌パックで個別に袋に入れたものや複雑な形態、筒状のものなどオールマイティーに滅菌が可能です。

 

滅菌で一番厳しいと言われるヨーロッパではこのクラスB滅菌器が基準となっており、インプラントなどの外科手術ではこのクラスB滅菌器で滅菌をしなくてはいけないとさえ言われています。

 

しかし、残念ながら今日本の歯科医院で主に使用されている滅菌器は〈クラスN〉と言われる重力置換式の滅菌器です。

蒸気と、空気の重さを利用して滅菌を行います。

 

こちらは、単純な形の物の滅菌は可能ですが滅菌パックに入れたものや、複雑な形態の物は空気溜まりが出来ることで滅菌が不十分になると言われています。

 

 

 

 

 

そして、昨年読売新聞の一面にも掲載された

タービン(歯を削る為の道具)の消毒・滅菌についてもお話しがありました。

 

 

アメリカではタービンの消毒・滅菌が義務づけられており、行っていないことが分かった場合は医師免許の剥奪をされてしまうそうです。

それ程までに感染リスクが高いとされている器具が日本では未だ滅菌されずに使われているのです。

 

タービンなどの精密な器械は、そもそもクラスNの滅菌器では滅菌を完全に行う事が出来ません。

クラスB滅菌器や、タービン専用の滅菌器が必要です。

通常の歯科医院では、滅菌をきちんと出来る設備が整っていない所が多い為、読売新聞に掲載された7割以上の歯科医院で当たり前の様に器材を無滅菌や使いまわしということが日々行われているのだと思います。

 

実は私自身、今まで勤務していた医院や、学生時代に伺った実習先でここまで、全員に滅菌や感染予防を徹底的に行っている医院はありませんでした。

 

『滅菌器はクラスNの古い器材のままだしタービンは高価なので滅菌しないで使い回して使ってるから、スタンダードプリコーションなんて出来てないと思うけど、そんな手間かけてられないよ。。。』

 

悲しいことに、今の日本の歯科医院の大半がこの様な状態であり、先進国でありながら、アジア諸国と比べても日本の滅菌に対する意識はまだまだ低い様に思います。

 

DENTAL TANIZAWAでは皆様に安心して治療を受けていただける環境を整えておりますので、クラスB滅菌器とタービン専用の二台の滅菌器を使い、万全の滅菌システムを導入しております。

 

滅菌のプロの私達、歯科衛生士が自分の医院で治療を受けている医院は良い医院と言われてますが、DENTAL TANIZAWAは自信を持って家族や友人にも勧められる医院だと自負しております。

これからも最新の情報にアンテナを張りながら、患者様の安心をお約束いたします!!

 


Dental Hygenist Yumi Yamakawa

 

投稿者: DENTAL TANIZAWA

お気軽にご予約
お問い合わせください

  • ご予約の患者様を優先させていただいております
  • 痛みや腫れなどの急患も随時受け付け中
  • 24時間予約可能なWEB予約がおすすめ
  • お急ぎの方は医院に直接お電話をお願い致します