医院ブログ

2020.07.26更新

こんにちは!受付の吉田です☆

待合室にひときわ目立つライトアップされた商品棚をみなさま1度はご覧いただいたことがあるかと思います。

しかし商品がたくさんあって何買えばいいかわからないなぁ。。という方をたくさんお見かけします。

今回はDENTAL TANIZAWA商品売り上げランニング上位5つを発表したいと思います!!

ではまず第5位☆彡
チェックアップスタンダード 900円(税抜き)
フッ素濃度が高く虫歯予防に効果的です◎
虫歯になりやすいという方におすすめです!!

第4位
フッ素洗口 ビーブランド 1000円(税抜き)
こちらも虫歯予防に効果的な商品です。洗口液になるのでぶくぶくするだけでOK!めちゃめちゃ楽チン~!ずぼらな私も寝る前に使用してます。私以外にも使用しているスタッフが多数いるくらいとてもオススメな商品です☆

第3位
タフトブラシ 400円(税抜き)
ハミガキ後の仕上げ磨きや歯ブラシの届きにくいところにピンポイントであてられる万能ブラシです!!歯ブラシしたのに磨き残しが。。(;;)なんてことたまにありませんか?そんなときにタフトブラシの出番です!

第2位
POICWaterのおかわり 2000円(税抜き)
おかわり??って方もいらっしゃるかと思いますが、おかわりというよりリピートという感じです!治療前にうがいしていただいているPOICWaterをご自宅でも使えるように販売をしています。(3000円+税)ボトルの中身がなくなってしまった際にボトルだけお持ちいただければ、2000円+税でおかわりとまたお持ち帰りできます!そのリピーターの方がとても多くPOICWaterのおかわりが第2位という嬉しい結果に☆彡

そして第1位☆☆☆ 
スプリーム 350円(税抜き)
当院のスタッフの大半が使用しているくらい大大大人気のスウェーデンスタイルの歯ブラシ!!磨きやすさ、持ちやすさが抜群です!以前使用していた市販の歯ブラシとは比べ物にならないくらい汚れもよく落としてくれます!大きさも2種類あるのが人気の理由の1つかなと思います。色の種類も沢山あるのでお色で迷われる方も続出。。カラフルでかわいさも兼ね備えています!商品棚の上に堂々と置いてある歯ブラシなのでいらっしゃった際に是非ご覧ください☆

以上人気商品ランキングでした!

いつも迷われてしまう方、参考になりましたでしょうか??

当院では、販売する前にスタッフが試しに使っていますので本当にオススメしたいと思った商品を置いてます。

ランキング外の商品ももちろんすべてオススメです♪

当院の歯科衛生士からホームケアが大事と言われたことがある方がいらっしゃるかと思いますが、ご自身のお口に合ったケアをすることで虫歯予防、歯周病予防が可能です。

商品を買ったはいいがちゃんと磨けているかな。。使い方あってるかな。。などご不明な点があれば気軽にご相談してください♪

投稿者: DENTAL TANIZAWA

2020.07.26更新

こんにちは、歯科衛生士の山川です!

口臭についてお悩みの方は多くいらっしゃいます。

その口臭の原因のひとつが唾液に関するものということは意外と知られていないと思いますので、今回ご紹介させていただきます。

【細菌が原因で起こるお口のトラブル】

1 虫歯
2 歯周病
3 口臭

唾液が少なくなるとこれら全てのリスクが高くなります!元々身体が持っているバリアである唾液の量が足りずに菌が増えてしまうんです。

当たり前の様にあるので普段は意識をしないと思いますが、実はこの〝唾液〟には、物凄く良い働きが沢山あります!

唾液は天然の抗菌剤とも言われるほど万能菌・洗浄・緩衝作用など数多くの素晴らしい働きがあります。

赤ちゃんはよだれが多く出ているのは、体の中に入ってくる菌を減らしてくれる立派な働きがあるんです。

 

【乾燥が原因の口臭が気になる方へ】

〜予防方法〜

1 入念に歯ブラシや、歯間ブラシ、糸ようじなども使い、細菌の塊(プラーク)を取る

1日一回でも良いので、いつもより時間をしっかりとって行えると◯

2 洗口剤を上手に使い、効果的に口の中の総菌数を減らす

当院で毎回診療前に洗口していただいているpoic waterは菌の数を少なくする事ができるので非常におススメです。

3 こまめな水分補給を心がけましょう

但し、砂糖が入っていたり甘い飲み物は虫歯の原因となりますので辞めましょう。お水か、抗菌作用もあるお茶などがおススメです!
※お茶をこまめに飲むと歯に着色がつく可能性があります。

4 一度お口の中の菌のリセットする

歯科医院でプロフェッショナルクリーニングを受けて、細菌数を減らしましょう。
当院ではスピーディーに効率よく細菌を除去できるエアフローをお勧めしています。(保険外診療 税込5500円)

5 口呼吸を治す

口呼吸の原因をまずは見つけることからはじめて見てください。耳鼻科への受診が必要なケースもあります。

 

唾液は私たちの健康を守ってくれている健康のバロメータでもあります。

お口の中の乾燥の原因が、唾液腺の病気や薬の副作用など自分では気づいていない方も多くいらっしゃいます。

今回のブログを読んで気になることがある方は是非私たちに一度ご相談ください!

投稿者: DENTAL TANIZAWA

2020.07.26更新

みなさん、こんにちは!歯科衛生士の山川です!

今回は「口呼吸」について詳しくご紹介させていただきます。

そもそも、なんで口呼吸はいけないの?口呼吸ってなに?
という方もいらっしゃると思うので、そちらも含めてお伝えさせていただきます。

〈口呼吸とは〉
本来鼻でするはずの呼吸を口で行うことを言います。
鼻で吸っても、口で息を吐いている方や、ポカンと口を常に開けている方も口呼吸のため、注意が必要です
呼吸は無意識の行動なので、自覚症状がないだけで現代では過半数以上の方が無意識に口呼吸をしていると言われています。 


〈口呼吸は災いのもと…これだけある健康上の問題〉

①口腔乾燥により、虫歯・歯周病・口臭の原因となる

口呼吸が続くと、唾液の量が減るだけではなく、唾液の自浄作用・抗菌作用が低下して細菌が増加します。
また、お口の乾燥により歯の表面に汚れがつきやすく、歯ブラシでも取れにくくなってしまうのと歯の黄ばみや着色までつきやすくなってしまいます


②風邪などをひきやすくなり、感染しやすい体質になる

鼻から呼吸をする場合は、外気を取り込む際に一緒に入ってきた細菌やウイルスを遮断してくれる、また加湿した空気にしてから体内に取り込む働きがあります。加湿器・空気清浄機機能のついた鼻をうまく使えないせいで、全身の病気にもなりやすくなります。

③老け顔の原因!?フェイスラインにまで影響が…

口呼吸をしている間は口を開けているため、表情筋が緩んだ状態になっています。筋肉を使わない状態が続くと二重アゴのになったり、口角やフェイスラインが徐々に下がってきてしまい老け顔、疲れた顔に見えやすくなり、乾燥が原因で口元にシワができる可能性も高くなります!


④歯並びが悪くなる

口呼吸の方は舌の位置も下がってしまうので、顎の成長に支障をきたし、歯並びの乱れを引き起こします
歯並びは通常内側からの舌による圧力と、外側からの圧力のバランスをとって今の位置に並んでいます。
慢性的な口呼吸の方は、舌の圧力>外側からの圧力になるので、結果的にとても出っ歯になりやすくなります。


このように、健康面だけではく、美容面でも百害あって一利なしの口呼吸改善するための方法もご紹介します


〈口呼吸の改善方法〉
鼻が詰まっていて鼻呼吸ができない方

まずは耳鼻科で鼻のつまりの根本から治しましょう!

鼻で呼吸ができるのに、癖になってしまっている方

あいうべ体操をして 使わなくなってしまった口輪筋、べろの筋肉を鍛えましょう。
1日30セットを目標に毎日続けましょう。
お風呂の中などの隙間時間にコツコツ続けることをお勧めします!

※あいうべ体操の考案者である今井一彰先生のクリニックのサイトです。あいうべ体操に関してはこちらのサイトを是非ご参考になさってください。

 https://mirai-iryou.com/aiube/


舌が常に上アゴの凹みない方

べろの正しい位置を常に意識しましょう。
最初は少し辛いかもしれませんが、あいうべ体操でべろも鍛えて、正しい位置(上アゴの凹み)にキープできるようにしましよう。
万が一口が空いてしまっていても、べろが正しい位置にあれば、口で呼吸をすることは不可能です。

 

何をしてもポカン口になってしまう方

家にいるときや睡眠時は、薬局などでも購入できる専用のテープなどで強制的に上下の唇を閉じ、筋肉を鍛えましょう
他力本願でも効果はあります!ちなみに最近はアナウンサーや、俳優の方も使用しているそうです。

 

〈まとめ〉
基本的に、口呼吸をやめて鼻呼吸にするためにかかる費用はほとんどありません。
逆に、口呼吸になることで起こりうる疾病や、歯並びの矯正治療にはお金がかかり、体も悪くしていきます

人間が一日に呼吸する回数は約2万回
その2万回の積み重ねが正しくできるか、間違った方法なのかではとてつもなく大きな差が出てきます。

かくいう私も、口呼吸→出っ歯→花粉症→矯正歯科治療という悪い見本の流れを辿ってきました。
もっと早く知っていたら…と思う事が多いので、少しでも多くの方が口呼吸について考える、治すきっかけになれば幸いです。

無意識に行う呼吸について、みなさんも一度気をつけて見ていただければと思います!

投稿者: DENTAL TANIZAWA

2020.07.26更新

こんにちは!歯科衛生士の池田です。
毎年夏に近づくに連れて、冷たいものがしみる、虫歯ではないかという患者様が増えます。
もちろん虫歯の可能性もありますが、もしかしたらその症状は知覚過敏かもしれません!
今回は知覚過敏についてお伝えしたいと思います。

【知覚過敏とは?】
虫歯ではないのに、冷たいものがしみる、歯ブラシをするときに電気が走るようなピリッとした痛みを感じたりする症状の事を『知覚過敏』と言います。甘いものや酸味の強いものでも症状が出る場合があります。 痛みは一時的ですか、日常生活にも支障をきたす場合もあります。


【知覚過敏の原因】
痛みを感じる場所は、歯肉が下がってしまて見えてくる根元の部分です。
歯の表面はエナメル質という硬い性質のもので覆われています。しかし歯全体がそのエナメル質で覆われている訳ではありません。骨に埋まっている部分、歯肉の下の部分はエナメル質には覆われておらず、象牙質が露出した状態です。そして象牙質には象牙細管という細い神経の管があり、歯の神経のお部屋につながっているので、冷たいものや歯ブラシをしたりすると象牙細管を通じて刺激が伝わることよって痛みが出てしまうのです。

知覚過敏

では、なぜ歯肉が下がってしまうのでしょうか?
それには様々な原因があります

誤った歯磨き 誤ったブラッシング(強いブラッシング 硬い歯ブラシなど)より歯肉退縮を起こす

歯周病の進行 歯周病により歯を支えている周りの骨が吸収され歯肉退縮を起こす

加齢 歯肉の位置は加齢とともに少しずつ下がってきて根元が露出して象牙質がむき出しになってしまう

噛み合わせの異常 特定の部分にだけ負荷強くかかっていたり、歯ぎしりをする方はエナメル質が擦り減ってしまう

【知覚過敏の予防方法・対処方法】
①ホームケア
  硬すぎる歯ブラシ強すぎる歯ブラシ圧に注意する
  知覚過敏予防歯磨剤を使用する
  歯ぎしりなど歯がすり減らないようにマウスピースを使用するなど
 

※当院おすすめ歯磨剤 メルサージュ ヒスケア
・知覚過敏症状を防ぐのに有効な<硝酸カリウム>と<乳酸アルミニウム>を配合。市販の歯磨剤にはこの成分が1種類しか配合されていることが多いので、より効果が期待出来ます。
・<フッ化ナトリウム>を1,450ppm配合、高濃度で配合されているため、虫歯予防もしっかりできます!
・香味はグレープフルーツミントとソフトミントの2種類 知覚過敏用の歯磨剤という方にもオススメです♪
使用する際には少量洗口をおすすめいたします!
 
        

②歯科医院で行う予防・処置

  ・フッ素塗布(家で使うものよりさらに濃度が高く効果が高い)
  ・知覚過敏用コーティング剤塗
  ・噛み合わせ調整 など
  

症状がある方は、是非早めにご相談ください! 処置・予防方法を一緒に考えましょう!

投稿者: DENTAL TANIZAWA

2020.07.26更新

今回は、大切な我が子に虫歯ができないように一生懸命歯磨きをされている親御さんに、虫歯予防に非常に効果の高い「シーラント治療」について是非知っていただきたいと思います!

【シーラントとは?】
乳歯や永久歯の噛み合わせの面にある溝をプラスチックの材料で埋めて、虫歯になりやすい深い溝伸の部分を塞ぐ処置です。

シーラント 

【子供の歯は虫歯になりやすい?】
生えたばかりの歯は表面(エナメル質)がまだ十分に硬くなっていないため、虫歯に非常になりやすいです。

2〜3年ほどかけて徐々に硬くなっていくため、その間は非常に虫歯になりやすい時期になります。

(この時期にしっかりとフッ素を活用できると虫歯になりにくい歯を作ることができます!)
そして、咬み合う面は複雑な形態で溝が深いため、特に磨きにくいのでブラッシングが難しく汚れが溜まりやすいこともあり、虫歯になるリスクが高くなります。特に6歳頃に奥歯に生えてくる永久歯はとても虫歯になりやすい歯です

 

【シーラントをするタイミングは?】

上手に歯科医院で治療を受けられるようになる4才位からスタートすると良いでしょう。

当院では永久歯が生え始める6才頃からスタートするお子様が多いです。

 

【シーラントの流れ】

1. 歯のクリーニングを行います
2. 歯の溝に接着力を高める薬剤を塗布します
3. 歯の溝にシーラント(プラスチック)を埋めます。
4. 光を照射して硬化させます

 

シーラントは麻酔や歯を削らずにお痛みなく処置することが可能です。

シーラントは有効な虫歯予防の手段ですが、虫歯にならないわけではありません。フッ素の活用もしっかりと行うことが虫歯予防には非常に大切です。
また、歯ぎしりやくいしばりをしてシーラントがとれてしまうこともあります。定期検診でチェックしてもらいましょう。

お子様をカリエスフリー(虫歯のない口腔内)にしたい親御さんは、できるだけ早めに受診されることをオススメいたします!

投稿者: DENTAL TANIZAWA

2020.07.26更新

最近患者様から磨いているのにすぐ虫歯になる…というお声を多くいただきます。

今回は虫歯のお悩みを少しでも軽減できればと思い、フッ素についてのお話をしたいと思います。

【フッ素とは?】
フッ素(F)は自然界にある元素のひとつで、お茶や魚介類など多くの食品に含まれているものです。
フッ素の活用は虫歯予防に欠かせません。

【フッ素の3つの効果】
①歯質強化
歯の質を強くして酸に溶けにくい歯にします。
②再石灰化の促進
歯から溶け出したカルシウムやリンの再沈着を促進します。
③酸産生の抑制
歯ブラシで落としきれなかったプラーク(歯垢)中に潜んでいるむし歯原因菌の働きを弱め、酸が作られるのを抑え溶けにくくします。

【フッ素の利用方法】
①フッ素配合歯磨き剤(ホームケア)
高濃度フッ素が配合されているのもをおすすめします。
※フッ素濃度1,000~1,500ppmの歯磨き剤は6歳未満の子どもには使用を控えましょう。

当院でも高濃度フッ素入り歯磨き粉を数種類取り扱っております。
その時のお口の中の状態やリスクなどによって合う歯磨き粉は変わります。自分に合った歯磨き粉をお探しの方は担当衛生士にご相談ください

また虫歯予防の効果を高めるには、長い時間フッ素が口の中にとどまっていることが大切です。

歯磨き剤の使用量や磨き終わった後のうがいを少なめにして、わざと歯磨き粉を口腔内に残す方法がお勧めです。

②フッ素洗口(ホームケア)
4歳以上からフッ素洗口液でブクブクうがいをする方法です。

非常に虫歯予防効果が高い方法です!
1日1回または1週間に1回の利用法があり、継続して使用することで予防効果が高まります。
当院では味が美味しいビーブランドをおすすめしています。ご興味がある方は是非お試しください。

③フッ素塗布(歯科医院)
歯科医院でフッ素を歯に直接塗る方法です。年に数回塗布します。
1歳半頃から行うことができ、生えたての歯は歯の質が弱い(未完成)ので特に効果的ですが、年齢関係なく大人になってもフッ素塗布の虫歯予防効果は高いと言われています。

【フッ素を活用するポイント】
・まずは手軽なフッ素配合の歯磨き剤は毎日使用し、その他の方法と組み合わせるのな効果的です。
・フッ素を使用する前に必ず用法容量を確認しましょう。
・年齢やお口の中の状態に合わせて実施する方法や使用する商品を選ぶことが大切です。例えば幼いお子様専用のフッ素ジェルなどもあります。

フッ素を活用すると非常に虫歯リスクが軽減されます!

患者様ごとになるべく簡単に虫歯予防できる方法を紹介しておりますので、是非お気軽にご相談ください♪

投稿者: DENTAL TANIZAWA

2020.07.25更新

こんにちは!歯科衛生士の小川です。

歯科衛生士として患者様の健康をお守りする上で【栄養】についても学ぶことは非常に大切だと再認識しております。

今回は、皆様にも是非知っていただきたいと思い栄養についてお伝えする機会をいただきました。

【現代の食生活について】

日本は現在、世界最長寿国であり、その最大な理由は食生活にあると言われています。

良い食習慣と言われている特徴

・米、大豆、魚などを主食や主菜としていること
・エネルギー摂取量を大きく増加させず、肉や卵などの良質タンパク質の摂取量が多いこと
・海藻、緑黄色野菜、根菜類などを常食していること


【食生活を見直そう】
癌、心臓病、脳血管障害をはじめ高血圧症や、糖尿病などは不適切な食物摂取が関係しています。

①食生活の欧米化(脂肪摂取量、脂肪エネルギー摂取量の過度の増加)
②食の簡便化(必要な栄養成分のアンバランスな摂取と不足、急いで食べるなど)
③精製、精白食品の増加(必要な栄養をバランスよく摂取しにくい、咀嚼力低下など)
④調理済み食品や加工食品の増加
⑤外食の増加、習慣化
⑥欠食の増加
⑦不規則な食事時刻、遅い夕食(朝食の食欲低下、生活リズムの乱れなど)

上記の項目に当てはまる方は是非、食生活を見直していただければと思います。

【よく噛みましょう】

咀嚼力は高齢になるにつれ弱くなっていきます。

しかし、日頃から食生活を意識(栄養バランス、咀嚼が必要な物を食べるなど)すれば、疾病予防にも繋がります!

また咀嚼力が低下すると唾液の分泌が減ってしまいます

唾液の分泌が減ると、口腔乾燥や虫歯にも繋がってしまいます。

【栄養の役割】
①エネルギーになる栄養素:糖質、タンパク質、脂質
②体の構成成分になる栄養素:タンパク質、脂質、無機質、水
③体の機能を調整する栄養素:タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、無機質、水

すべての栄養素は、相互に助けあってその役割を果たしています!
特に全ての役割を担うタンパク質はとても重要であります。
タンパク質は筋肉、骨、臓器、血液などの構成成分および酵素などとして体の機能を調節する働きがあります。

骨形成にはカルシウムおよびリン、タンパク質が重要です!これらは歯の基質ともなります。
タンパク質を多く含む食材は、肉類・魚介類・乳および乳製品、大豆製品です。
しかし、タンパク質の過剰摂取および不足は身体に影響を及ぼしますので他の栄養素とバランスよくとりましょう!

食生活に気をつけて歯も身体も頑丈にし、健康な身体で過ごしましょう!!

投稿者: DENTAL TANIZAWA

2020.07.25更新

こんにちは歯科助手の神田です。

私自身、歯科医院に勤務して歯の重要性を再確認しております。

そこで、今回は健康を保つために歯がどれだけ大切かをお伝えしたいと思います!

まずはじめに、歯の役割についてお話しします。
▼歯の役割
①食べ物を噛み砕く
②味覚を豊かに保つ
③発音を助ける
④美しい表情を作る
⑤異物を関知する
⑥痴呆予防

歯の本数が少ないほど、身体への負担は大きくなってしまいます。
歯を失ったままにしていると、バランス機能や咀嚼機能が低下して栄養が落ち筋力が低下することにより、骨折や転倒のリスクも高くなると言われています。

▼歯を失ったままにすることによるリスク
①隣の歯が傾く

②咬み合っている反対側歯が抜けてくる

③顎関節症、認知症のリスクが高くなる

また、虫歯や歯周病は全身の健康に影響を及ぼすことがわかっています。
特に歯周病は口の中だけでなく、全身の健康を脅かす病気であることがわかってきました。
歯周病菌が気道を介して肺にいけば、気管支炎や肺炎になり、炎症で発生した物質が血液を通して全身に回れば、心臓血管疾患、脳卒中、早産や低体重児の出産を引き起こします。炎症物質が糖代謝を阻害するため、糖尿病も悪化します。

▼歯周病がリスクを高める全身疾患
①心臓病

②糖尿病

③肺炎

④骨粗鬆症

⑤早産

健康を保つためにも痛い時だけ歯医者へ行くのではなく、お家でのケアやプロによる定期的なクリーニングをうけましょう♪

投稿者: DENTAL TANIZAWA

2020.07.25更新

こんにちは!歯科衛生士の井野です。

今回よく患者様からご質問をいただく【定期検診の重要性】についてお伝えしたいと思います。

皆様は歯科医院にはどのような理由で受診されていますでしょうか?

痛いから…
血が出るから…
歯石や着色が気になるから…
もう何年も行ってないから…

など様々な理由が挙げられると思います。

これらの問題が解決した後も、
お口の健康を保つ為には毎日のセルフケアと歯科医院での定期検診が必要不可欠です。

その理由は…

1 総治療費を抑えられる
検診によって初期段階でトラブルを発見できれば短期間の治療で済み、トータルの医療費を抑える事ができます。

2 お口の中のトラブルを早期発見、早期治療が出来る
お口のトラブルを放置してしまうと来院回数や治療費が増えたり、痛みを伴ったりと患者様のご負担が増えてしまいます。それらを定期検診の際に早期発見・治療する事により患者様のご負担を軽減する事ができます。

3 歯の寿命を伸ばす事ができる
定期検診を受けることにより早期発見早期治療が可能となり、結果的に残せる歯の本数が多くなります。

お口の中は1人1人違い、また常に一定を保っているわけではありません。
抱えるトラブルも変化します。
口腔内の状態が変われば
歯ブラシ、補助清掃用具、磨き方、歯磨剤、なども合わせて選択する必要があります。

そのため、当院ではお口の健康を守るためにも治療終了後の定期検診をお勧めしております。

一本でも多くの歯を守れるようにお手伝いさせて頂きますので、
お痛やトラブルが無くても、カフェにいく気分でお気軽にお越し下さい!

投稿者: DENTAL TANIZAWA

お気軽にご予約
お問い合わせください

  • ご予約の患者様を優先させていただいております
  • 痛みや腫れなどの急患も随時受け付け中
  • 24時間予約可能なWEB予約がおすすめ
  • お急ぎの方は医院に直接お電話をお願い致します